介護ベット(特殊寝台)選びのポイント

各機能の役割

背上げ機能

背もたれのリクライニングを調整する機能です。以下のようなメリットがあります。

  • 起き上がりを補助
  • 食事を摂る時に便利
  • 呼吸を楽にする
  • 円背の方の寝る姿勢を楽にする

膝上げ機能

膝部分の角度を調整するための機能です。以下のようなメリットがあります。

  • 背上げ機能を使用した時に身体のずれを防止
  • むくみ防止

昇降機能

ベッドの高さを調整する機能です。以下のようなメリットがあります。

  • 立上がりや車いすへの移乗を補助
  • 端座位姿勢を安定させる
  • 介助者の腰痛予防

背上げ膝上げ連動機能

背上げに合わせ、連動して膝が上がる機能です。(背上げのみの単独操作も可能です。)以下のようなメリットがあります。

  • 身体のずり落ち防止
  • お腹の圧迫を軽減"

電動ベッドの種類

電動ベッドには「1モーター」「2モーター」「3モーター」とモーター数によって出来ることが異なります。
まずは、ご利用者様にとって必要な機能と合致しているタイプがどれなのかを知りましょう。

1モータータイプ

1モータータイプは、「背上げ機能」「昇降機能」「背上げ膝上げ連動機能」のいずれかが備わったタイプです。
比較的ご自身で動くことが可能な方の起き上がりの補助、もしくは立ち上がりの補助といった役割を果たします。

2モータータイプ

2モータータイプは、「背上げ機能」+「昇降機能」または「背上げ膝上げ連動機能」+「昇降機能」の2機能が備わったタイプです。
立ち上がりと起き上がり両方の補助が可能です。
両方の補助が可能なため、起き上がり、立ち上がりのどちらも不安な方に向いています。

3モータータイプ

3モータータイプは、「背上げ機能」「膝上げ機能」(連動でも単独でも調節可能)「昇降機能」と3種の中で最も多機能です。
1モーターや2モーターの電動ベッドと違い、個別稼働で細かい調整が可能なことも3モーターベッドの特長です。
ほとんど寝たきりであったり、介護度の高い方には3モーターベッドをお勧めします。

体型や使う環境に合わせてサイズを選びましょう

快適にご利用いただくために、サイズ選びも重要なポイントです。

幅が狭いタイプ

接近しやすく、介護がしやすい

91cm幅

スペースと介護のしやすさを両立

ショートタイプ(180cm)

適応身長の目安:150cm未満の方

レギュラータイプ(191cm)

適応身長の目安:150cm以上の方

部屋の配置に合わせることも重要です。

予め部屋の広さ、ベッドの設置場所を計測したうえで選定してください。
車いすやポータブルトイレをベッドの近くに置くことなども考慮され、設置が可能なスペースの確保が出来るかご確認ください。
※ベッドへ左右どちらから出入りするかも確認しておくことをお勧めします。

カート

合計数量:0

商品金額:0円