8月10日から同月18日までのご案内

・お問い合わせ及び発送業務を8月10日~同月18日までお休み致します。
・ご注文は随時受付しております。
・8月9日のまでご注文をお受けしますが、9日はご注文をお受けしても、発送できません。
 また、前払い頂いても発送日が8月19日以降となる場合がございます。
・8月9日から同月18日までの間にご注文頂いた商品につきましては、8月19日以降に確認し順次発送手配となります。ご了承ください。
・8月19日以降しばらくご連絡が遅れる場合がございます。
・8月19日以降のご注文の配達につきましては、運送業者の業務や混雑のため遅れることがあります。
・天候や交通状況等により発送及び到着が遅れる地域がございますので、予めご了承ください。

車椅子用クッション選びのポイント

車椅子をご利用の方が快適に過ごすために、クッションは大きな役割を果たします

車椅子用クッション選びのポイント選びのポイント

車椅子に快適に「座る」ためには、分散圧・姿勢保持、「動く・移動する」ためには、動きを助けるという要素が必要です。
ただ、ご利用の車椅子によっては要素が欠けている場合があります。
車椅子用クッションは掛けた要素を補うために大きな役割を果たす用具です。
ただし、「分散圧」「姿勢保持」「動きを助ける」という要素全てを満たした万能のクッションはありません。
ご利用者様が快適に過ごすため、クッション選びは「何を優先するか」に着目してお選びください。

①除圧タイプ
簡易な除圧系のクッションです。(除圧のみ)
座りなおしが不十分な方ある方に適したタイプです。

②骨盤安定タイプ
坐骨の前方支えのあるクッションです。(姿勢保持と圧分散)
骨盤の安定性が不十分な方ある方に適したタイプです。

③骨盤安定タイプと背もたれ保持タイプ
坐骨の前方支えと背もたれクッションの併用(姿勢保持と圧分散)
麻痺や変形が軽度で予測される方ある方に適したタイプです。

④骨盤、背もたれ調整タイプ
坐骨の前方支えと背もたれクッションを併用し、セルやエアによる調整機能も必要(姿勢保持と圧分散)
床ずれの危険性、可能性がある方に適したタイプです。

カート

合計数量:0

商品金額:0円