介護用マットレス選びのポイント

介護用マットレスを選ぶ際にはご利用者様の身体状態に合わせることが重要です!

介護用マットレス選びのポイント

マットレスを選ぶ際には、寝心地だけでなく、「動きやすさ」や「体圧分散性能」も重要です。
マットレスの上での「動きやすさ」は、ベッドから出る動作を助けます。
また、床ずれリスクの高い方には、状況に応じて「体圧分散性能」の高いマットレスが必要となります。

身体状況によって重視すべきポイント

  • 自分で体の向きを変えられる場合は「活動性」を重視しましょう
    自力で体の向きを変えられる場合、活動性を重視し「動きやすさ」と「適度なかたさ」のものがお勧めです。
    立ち座りや車いすの乗り降りをする際の安定性も留意しましょう。

  • 自分で体の向きを変えられない場合は「体圧分散性」を重視しましょう
    体圧が1ヶ所に集中するのを防ぐために、体圧分散効果の高いマットレスを選びましょう。

  • すでに床ずれを起こしている方や起こす可能性が高い方は「通気性」を重視しましょう
    床ずれが心配な寝たきりの方の多くは失禁があります。
    失禁や発汗に配慮して「通気性」の良い物を選びましょう。

床ずれのステージに応じて商品を選ぶ

  • 予防レベルの方
    床ずれができていないが、できる可能性があり(骨突出など)早期予防が必要な状態。

  • ステージⅠの方
    指で押しても白くならない紅斑。局所的に熱感がみられる状態。

  • ステージⅡの方
    表皮はく離、水泡、浅い(表皮と真皮の上部まで)損傷などの皮膚損傷を起こしている状態。

  • ステージⅢの方
    深いクレータ状の全層に至る皮膚損傷。筋膜には達していない状態。

  • ステージⅣの方
    組織の破壊が見られる深く全層にわたる皮膚損傷があり、筋肉、骨等にも及んでいる状態。

介護用マットレス一覧はこちら>>

カート

合計数量:0

商品金額:0円