車椅子選びのポイント

「車椅子が欲しいけど、どのように選んだらいいの?」とお困りの方に選び方のポイントを様々な側面からアドバイス!

タイプから選ぶ

車椅子は以下のようにタイプが分かれています。
まずは、ご利用者様の身体状況や介護環境に合わせてタイプを選びましょう。

  • 自走式
    主にご本人が操作して駆動させるタイプです。 後ろにハンドルが付いているので、介助する方が押すことも出来ます。 タイヤの径が大きいため押しやすいこと、ご本人が操作しやすいことが特徴です。

    自走式車椅子はこちら>>


  • 介助式
    ご本人での操作が出来ず、介助者に押してもらうタイプです。
    後輪が小さくコンパクトに収納できるため、車に積む際にも便利なのが特徴です。

    介助式車椅子はこちら>>


  • リクライニング式/ティルト式
     
    ・リクライニング式   
     背もたれの角度調整機能が付いており、座位から臥位に姿勢を容易に変えることが出来るものです。   
     病気などで体調が急に変化しやすい場合、車椅子での座位姿勢を長時間保つことが困難な方に適したタイプです。  

    ・ティルト式   
     背の角度が変わらず、座面の角度調整機能が付いているタイプです。   
     座位バランスが悪い、良い姿勢を保ちたい方に適したタイプです。  

    ・ティルト&リクライニング式   
     ティルト式とリクライニング式の両機能を備えたタイプです。   
     利用シーンに応じて姿勢を容易に変えられ、且つ安定した姿勢を保つことも出来るタイプです。

車椅子の動かし方で選ぶ

  • 両腕を動かせる方→ハンドリムのついた自走用車椅子
  • 片手、片足で動かせる方→座面の高さの低い低床型、レッグサポートの着脱が出来るタイプ
  • 介助で移動される方→車輪の小さな介助用車椅子、介助用のブレーキの付いたもの、グリップの高さが調整できるタイプ

座ったときの姿勢で選ぶ

  • 座位を保つことが出来る方→身体のサイズに合った車椅子、背もたれ・クッションが快適なタイプ
  • 姿勢がくずれやすい方→座位の保持に配慮したモジュール型の車椅子
  • ご自分で姿勢を変えられない方→リクライニング・ティルト機能のある車椅子

利便性から選ぶ

  • 持ち運びなどの機会が多い方→軽量タイプ
  • 限られたスペースに車椅子の収納が必要な方→コンパクトタイプ
  • ご利用者様の生活スタイルに応じて、姿勢などの調整が必要な方→調整機能付きタイプ

ご利用者様に合ったサイズを選びましょう(計測方法)

車椅子選びはご利用者様の体格に合った商品を選ぶことが重要です。
車椅子を選ぶ際には以下のサイズを計測し、ご利用者様に合ったサイズを選びましょう。

  • 座幅
    座位でお尻の一番広い幅を計測します。
    座った状態で介助者の手が入る程度のゆとりがあると良いでしょう。
    計測した幅に2~4cmを足したぐらいが目安になります。
    座幅は車椅子ご利用時に状態が不安定にならないように、ご利用者様の身体状況や生活パターンも加味してご検討ください。

  • 前座高
    かかとからひざ裏までの高さを計測します。
    計測した高さに5~8cm足します。(足こぎする場合は0~2cm)
    前座高の高さ(座面の高さ)は、快適性や移乗性を左右すると言われています。
    また、足こぎする場合にはかかとが床にしっかりとつくことものをお選びください。

  • 座奥行
    座位でお尻の最後部からひざ裏までの長さを計測します。
    計測した長さから3~4cm引きます。
    (シートがひざの内側より少し短くなるぐらい。)

  • ひじ高
    座面からひじを90度に曲げたときの高さを計測します。
    計測した高さに1~2cmを足します。
    (ひじを無理なく曲げて乗せられるぐらい。)

  • 後座高
    かかとからひざ裏までの高さを計測した数値を目安にしてください。

    ※クッションをご使用される場合はその厚さも考慮しましょう。

カート

合計数量:0

商品金額:0円